So-net無料ブログ作成

ジャンピング・ジェニイ [アントニイ・バークリー]

ついに出ます!
アントニイ・バークリーの傑作の1つ、『ジャンピング・ジェニイ』文庫[本]

ジャンピング・ジェニイ (創元推理文庫)

ジャンピング・ジェニイ (創元推理文庫)

  • 作者: アントニイ・バークリー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/10/29
  • メディア: 文庫

 

名探偵ロジャー・シェリンガムが大活躍(?)する、この作品。
シェリンガムについては、「ロジャー・シェリンガムは面白い探偵だ」という記事で紹介しましたが、この面白いシェリンガム・シリーズは、ほとんどすべてがハードカバーだったので、購入に躊躇された方もいるのでは?

Yuseumは 世界探偵小説全集のハードカバー を持っているので、この機会に再読してみました。
前回読んだ時は、探偵ロジャー・シェリンガムのことをよく知らなかったので、時には、
「なんかイヤなやつq( ゚д゚)p」
という印象を受けたりしたこともありましたが、シェリンガム・シリーズのほとんどを読破した今となっては、こう思えてきます。
「まあ、ロジャーだからなぁ( ´−`) しょうがないよf^_^;」

読者にとっては最初にほぼ事件の真相が提示されるので、頭の回転が鋭すぎるがために、逆に「空回り」しているシェリンガムの迷走ぶりを大いに楽しめます[わーい(嬉しい顔)]
でも、読者に対しても「驚き」を用意しているのが、バークリーらしいところで(°0°)

物語の冒頭、史上有名な<殺人者と犠牲者>に扮装した登場人物が次々と登場し、登場人物の本名と扮装した人物の名が入り乱れるので、少々混乱するかもしれませんが、そこを乗り越えれば楽しめると思います(^^)
未読の方は、是非この機会に[るんるん]

さて、バークリーと言えば、11月にこれまたシェリンガム・シリーズの傑作の1つ、 『毒入りチョコレート事件』が【新版】で登場  します。
過去に読んだ時は、シェリンガム・シリーズの一編として読んではいなかったので(もっとも、シェリンガム・シリーズの中でも別格の作品ではありますが)、今回再読するのが楽しみですヽ(^。^)丿

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
ブログ王ランキング トプログ
★imodeBEST100★ ★EZwebBEST100★ ★SoftBankBEST100★
CoRichブログランキング  


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 2

チヨロギ

単行本なので購入に躊躇した人。
わたしのことです(>▽<;;
文庫なら読みやすいので、今度こそ!
先日ブランドの『緑は危険』を買いまして、
これから読むところです。
楽しみ~♪
by チヨロギ (2009-10-25 21:18) 

Yuseum

(!o!)オオ! チヨロギさん、『緑は危険』手に入ったんですか\(^O^)/
よく品切れになりますからね、この本(-_- )
今度、これを映像化した作品もDVDで出るんですよ。
50年くらい前の古い作品ですが[えーっ]

by Yuseum (2009-10-26 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。