So-net無料ブログ作成

オリエント急行の殺人(名探偵ポワロ) -Before- [アガサ・クリスティー]

[NEW]日本初放送決定(o゚▽゚)
…ので、上げておきます。続きは放送後[TV] → -After-

日本で放映されるのは、いつの日(→2012年2月9日予定[NEW]になるか分かりませんが(^^ゞ
どうしても見たかったので、デヴィッド・スーシェ主演の"Murder on the Orient Express"を字幕/吹き替えなしで見てみました。
Poirot: Movie Collection Set 5 (3pc) [DVD] [Import]

Poirot: Movie Collection Set 5 (3pc) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Acorn Media
  • メディア: DVD
・・・いえ、見たのはYouTubeで、ですσ(^◇^;)

以下、

以下、感想。
・・・とはいえ、9割近くの英語を理解できなかったので、的を射た感想になっているかどうかは[ふらふら]

まず、全体的に「暗い」です。
冒頭、ポワロはある事件の容疑者を自殺に追い込んでしまいます。
ポワロはここでも触れたようにカトリック教徒であるので、その一件に苦悩しつつオリエント急行に乗ることになります。
"What's justice?"
—正義とは何か?—という重いテーマを扱っているせいか、陰鬱感さえも漂わせています。

そういうわけで、エンターテイメント性には欠ける作品だと思います。
そこが、1974年のこの映画[右斜め下]との違いでしょうか?
オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

でも。
そのような苦悩の中から導かれた、今回のスーシェ版ポワロのラストは味わい深いです。
原作とも上の映画とも印象が異なるラスト。
真実を知ったポワロの下した決断に、Yuseumは思わず涙が出てしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
デヴィッド・スーシェの演技が、また秀逸なんです。
これは『カーテン』への伏線になっていくのかなぁ?
(って、Yuseumはまだ『カーテン』読んでいないので、よく分かっていませんが(^^ゞ)
賛否両論が出ると思われる今回の映像化ですが、Yuseumは好きです。

あとは、日本で放映されてから、感想を書こう(・・)(。。) → -After-
原作はこちら↓
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫
オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)

  • 作者: アガサ クリスティ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 文庫


nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 10

コースケ

めちゃくちゃ観たくなりました!!
一体いつになるのか・・・日本語吹き替え版は・・・

by コースケ (2010-08-08 13:18) 

れもん

こんばんは^^
この作品は原作では「いかなる理由があっても殺人は許されない」が信条のポワロらしからぬ言動に少々違和感を覚えたのですが、ドラマでは原作と異なるエンディングを迎えるのですね・・・。
私も早く観たいです!
最近、DVDが発売されないので、少し焦ってます!

by れもん (2010-08-08 20:55) 

Yuseum

>コースケさん、Yuseumも早く日本語吹き替え版が待ち遠しいです。
やっぱり英語だと、何を言ってるのやら[はてな]というのが多かったので[さーっ]

>れもんさん、まさに「いかなる理由があっても殺人は許されない」が信条のポワロらしいドラマになってると思いますよ、本作は[えーっ]
それにしても、来年早々にはDVD化されるかな? 今度NHKで放送される分は[うーむ]
by Yuseum (2010-08-09 21:30) 

チヨロギ

Yuseumさんの記事を読んだら、すごく観たくなってしまいました~。
しかし字幕/吹き替えなしではちんぷんかんぷんだしなぁ・・・(>▽<;;
早く日本で放映されますように!
by チヨロギ (2010-08-11 16:40) 

Yuseum

いやあ、Yuseumも9割近くよくわかっていませんw
本当に早く吹き替え化してほしいなぁ[ぴーっ]
by Yuseum (2010-08-19 22:26) 

sara33

私も、Yuseumさんの記事を読んだら、凄く見たくなりました!
元々、名探偵ポアロは大好きなもので♪ (^m^)
しかーし、今日は伯父の用事で市役所へ。これから年賀状作成です。(汗
それに、英語は勉強中ですが、まだまだ字幕無しでは理解出来そうに無いです。f^o^
by sara33 (2011-12-27 14:37) 

Yuseum

saraさん、コメントありがとうございます(^^)
大丈夫ですよ! 2月になれば、日本語で(^_−)−☆
by Yuseum (2011-12-31 18:54) 

もやしもん

BSでこのドラマを観たのですが、最後のポアロの決断はなんだったのかが気になってインターネットを探してます。

結局、ポアロは12人+1人の陪審員(犯人)を警察に引き渡したんですか?

最後の十字架が印的でしたけど、…小説や映画とドラマは違うんですか?
by もやしもん (2012-02-09 23:46) 

車掌のボタン

はじめまして、日本語吹き替え版の放送を観ました。視聴後の余韻の中書き込ませていただきます。
エルキュール・ポワロ の“らしさ”に於いて完璧な出来でした。
74年の映画版は「エンターテインメント性が重視されすぎたのでは?」とさえ思える心境です。
大岡裁きや遠山の金さんのようなショーではなく、正義に苦悩しながら信念に背くポワロ。
映像化としては文句のつけようがない・・・
欲を言えば3時間映画くらいの長さで見たかったところでした。
by 車掌のボタン (2012-02-10 00:49) 

Yuseum

>もやしもんさん、コメントありがとうございます。
ポワロさんは結果的に犯人を見逃しました。
それでも、まだ心の中で葛藤しているのが、今回のドラマのラストです。
原作や映画においても犯人を見逃しますが、そのような葛藤は描かれていません。
それについては、近日、拙ブログで書きたいと思っています。

>車掌のボタンさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、映画は1本の作品ですからエンターテイメントに徹していますね[わはっ]
確かに、今回のドラマは3時間とまでは言わないまでも、あと10分長ければ[・・・]
by Yuseum (2012-02-14 08:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。