So-net無料ブログ作成

最近の海外古典ミステリ、あれこれ [Mystery]

最近、twitterでつぶやいたことを少し整理(;^^)ヘ..

まずは近刊から。
パニック・パーティ (ヴィンテージ・ミステリ)

パニック・パーティ (ヴィンテージ・ミステリ)

  • 作者: アントニイ・バークリー
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2010/10/18
  • メディア: 単行本
来たよ、ロジャー・シェリンガム最後の事件(n‘∀‘)η ヤァーッホォー
友人の招きで絶海の孤島にある館へ招待されたシェリンガム一行。最初は和やかだったものの、その友人が「このなかに、殺人者がいる」と発してからは・・・。
と、まるでクリスティーの『そして誰もいなくなった』を彷彿とさせるような出だしですが、、、たぶんそういう展開にはならないのでしょうね(;´∀`)
この作品は、「バークリーの失敗作」として有名なので、その点でも楽しみですw

あと、今月下旬には国書刊行会より、ロバート・バーの短編集「ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利」が刊行予定。
『放心家組合』(今回の訳では、『うっかり屋共同組合』)は各アンソロジーに収録されており、本短編集はクイーンの定員にも選ばれています。

最近復刊したものを、次に。
フレンチ警部とチェインの謎 (創元推理文庫 106-5)

フレンチ警部とチェインの謎 (創元推理文庫 106-5)

  • 作者: F.W.クロフツ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1971/03
  • メディア: 文庫
毎年復刊しているクロフツ作品ですが、今年はこれ[左斜め上]でした。
ブックカバーが変更されていますね(^_^)3
『フレンチ警部と毒蛇の謎』と同じデザインだから、今後はこのデザインでカバーを統一するのかな?

あと、これ↓も復刊しました。
魔術ミステリ傑作選 (創元推理文庫 170-1)

魔術ミステリ傑作選 (創元推理文庫 170-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1979/08
  • メディア: 文庫

映像では、ロシア(ソ連)のホームズに注目[目]
この作品は、『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』(『犯人は二人』)、『最後の事件』、『空き家の冒険』を映像化したそうです。
いやぁ、楽しみ((o(´∀`)o))ワクワク

このシリーズ。通常版(廉価版)も出ています。

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 3

茅ヶ崎住人R

魔術ミステリ傑作選・・・持ってます。
懐かしいなぁ。
by 茅ヶ崎住人R (2010-10-11 11:01) 

aya_rui

Yuseumさん、こんにちは♪
今回も早速のご訪問有難う御座いました♪
お知らせさせて頂きましたとおり、当ブログを休止させて頂く事に致しましたので、ご挨拶に伺いました。
Yuseumさんとは本当に最初の頃からのご縁で、随分と長い期間お世話になり、いつもご訪問頂き本当に有難う御座いました。

また、お目に掛かれることがあるか分かりませんが、
毎回楽しませて頂けて、大変有意義なお時間を頂きました。
こうして、ご訪問させて頂く事も、申し訳なくも今回までとさせて頂きますが、最後まで楽しませて頂き、有難う御座います。
Yuseumさんには沢山の作品を教えて頂いたり、リラさんグッズも沢山見せて頂けて、本当に興味深かったです☆
どうぞ、これからもステキな写真と記事で、楽しませて居て下いませ。

それでは、最後まで有難う御座いました。
by aya_rui (2010-10-11 14:22) 

Yuseum

>茅ヶ崎住人Rさん、おひさしぶりでーす。
持っていましたか、魔術ミステリ傑作選[ぴかっ]

>aya_ruiさん、わざわざご丁寧にありがとうございます。
こちらこそ、aya_ruiさんの素敵なコレクションに楽しませて頂きました。
それでは、またの日まで(ToT)/~~~
by Yuseum (2010-10-17 20:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。