So-net無料ブログ作成

三幕の殺人(名探偵ポワロ) [アガサ・クリスティー]

今週は「名探偵ポワロ」ウィークです\(~Ω~)/

4作品が日本初放映[TV][exclamation]
放映に先駆け、DVD-BOXも絶賛予約中[CD]
名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 4

名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 4

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
そこで、今日から4日間、(たぶんw)ブログを更新します(>Д<)ゝ
昨日は、『三幕の殺人』が放送されました。

ポワロは友人の元俳優、サー・チャールズのパーティーに招かれる。その席上で老牧師がカクテルを飲んだ直後に急死。1か月後、チャールズの親友の医師がほぼ同じ客を招きパーティーを開くが…。

原作はこちら[右斜め下]
三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫
以前、拙ブログに書きましたが、この作品の英版と米版では第二の殺人の犯罪動機が異なります[exclamation×2](リンク先;ネタバレ注意)
今回のドラマは、(当然ながら)英版に基づいていました。
ドラマはたった1時間30分しかないので、いろいろ割愛されてはいましたが、ほぼ原作に忠実に作られていました。(特に後半30分。)
大きな割愛点は、本作の準主役である元俳優チャールズ・カートライトのパトロンであるサタースウェイト氏、そして、パーティーの招待客であったアンジェラ・サトクリッフがいないことになりました。

サタースウェイトさんは仕方ないです。
原作では、主にサタースウェイトさんの立場で話が進行しており、チャールズとエッグ、サタースウェイトが「探偵ごっこ」を始めます。
ポワロさんは第一の「殺人かも?」の現場には居合わせますが、その後少し退場し、しばらくして3人と再合流するような感じ。
したがって、原作通りに話を構成すると「名探偵ポワロ」の活躍機会が減少しますので、仕方ないです(;´Д`)
『鳩のなかの猫』と同じパターンですね。)
ただ、そのために…(以下、ネタバレに近づくために後述。)

アンジェラさんがいないのも、まあ仕方ない。
原作では、チャールズの元恋人的なアンジェラの存在により、エッグがかなり嫉妬するわけですが(-_-)、そこまで描くと1時間30分の尺には収まらない
実際、今回のドラマ。
最初はものすごく駆け足で進行します。
ただ、後半をきちんと描くためには、仕方がないです。
後半は原作を忠実に再現していたと思います。
トランプタワーが出てきて感動[ハート][スペード][ダイヤ][クラブ]
(いや、これがないと話が進行しないのですけれども(^^ゞ)
エッグがトランプタワーを吹き飛ばすんじゃないかと、冷や冷やしましたw

原作にはなかった要素として。
バビントン牧師夫妻の息子ロビンの存在が、口頭で述べられていましたが・・・。
結局、お話とあまり結びつきませんでしたね^_^;
ミスリードが目的だったのか、男たちを嫉妬させるための存在だったのか(´ε`;)
あと、ミルレーさんのお母様については・・・(苦笑)
まあ墓地のシーンがあったから、いいのですが[あせあせ(飛び散る汗)]

ポワロの執事である最近の準キャラクター、ジョージは今回の原作には出てきません。
でも、ドラマにてその姿を見かけたときは、なんかホッとするものがありましたね( ´−`)

また、解決編の前のポワロの台詞。
「ポワロ劇場をお届けしましょう。」
二カ国語で録画していなかったので、オリジナル(英語)はどういう台詞なのか?ですが、この言葉を聞いて( ̄ー ̄)ニヤリとした人も多いのでは。
ポワロの吹き替えは皆さんご存じの通り、熊倉一雄さん。
熊倉さんと言えば・・・ヒッチコック劇場(^J^)
そして、原作では関係者≪全員≫は集めないのですが、「名探偵ポワロ」においては関係者全員を集めて最後の推理を披露するのが通例。
「名探偵ポワロ」のエッセンスを上手く入れているのもよかったです。

後は、本作のネタバレにつながるので、これから下の文章を読むときはご注意を!






先に保留した件。
原作では、あくまでポワロとチャールズの関係は「知人」。
チャールズはパーティーでポワロを招待してはいますが、そんなに親しくはありません。
今回のドラマ版は、チャールズと親しい間柄のパトロン、サタースウェイトの役回りをポワロに任せたので、ポワロとチャールズの関係は「友人」にまで昇格しました。
だから・・・
ラストが悲しすぎる(ノД`)

(以下、ネタバレ↓)
原作のラストで、ポワロは、
「毒を飲んだのはこのわたしだったかもしれないのですよ」と言います。
今回のドラマでも、ポワロは、
「さらに私がもし、それを飲んでいたとしたら・・・どうだったでしょう。。。」
と言って、話が終わります。
ただ、その言葉の持つ意味合いは大きく異なります。

原作のそれは、
「私が毒を飲んで死んでいれば、この事件を解決する人はいなかった。」
という皮肉であり、ポワロの自負心の強さを示したブラック・ユーモア[爆弾]
そのニュアンスは、今回のドラマでも多少ありますが。。。
ポワロは友人であるチャールズ・カートライトに欺かれたのです!
最後に見せるポワロの表情の、なんと悲しそうなこと。。。
泣いてしまいました(゚´Д`゚)

「マグ」の意味合いは、、、分かりにくいですよね。
これは原作の問題ではあるのですが。
英版だと、やはり意味合いが弱い。
これが米版だと「マグ」は重要なキーワードになるのですけれど。


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 14

コメント 4

れもん

こんにちは^^
とうとう始まりましたね♪
「三幕の殺人」、Yuseumさんの記事を読んで、ますます原作を読みたくなりました。
少し駆け足気味のドラマでしたが、愉しめました!
今夜の「複数の時計」がどんな仕上がりになっているのか、これも楽しみです♪
by れもん (2012-02-07 16:46) 

Yuseum

れもんさん、コメントありがとうございます(^-^)/
『複数の時計』は、自分もどういう仕上がりになっているのか、楽しみです!
by Yuseum (2012-02-07 19:08) 

チヨロギ

ドラマは残念ながら見られそうにありませんが、
Yuseumさんの詳細な分析を読んで、
見た「つもり」で楽しんでおります(^.^)
ひさびさに熊倉一雄さんの声が聞きたいなぁ♪
by チヨロギ (2012-02-09 19:15) 

Yuseum

チヨロギさん、コメントありがとうございます(^。^)
熊倉さん、85歳!
でも、「私も頑張りますよ!」と心強い言葉を、番宣で仰ってました。
[・・・]名探偵ポワロ・シリーズも今年末に制作予定の5作ファイナルなので[えーっ]
by Yuseum (2012-02-14 08:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。