So-net無料ブログ作成

小室哲哉 meets VOCALOID [Music]

久しぶりに音楽の話題[音楽]

今月(3月)は、小室さん絡みのDVD & CD[CD]がいろいろ発売されていまして。
でも、Yuseumが個人的に興味があったのは、これ[右斜め下]
小室哲哉 meets VOCALOID

小室哲哉 meets VOCALOID

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2012/03/28
  • メディア: CD
小室哲哉 meets VOCALOID - Various Artists
ジャケットはいまいちだと思いますが(^_^;)

VOCALOIDはYuseum、あまり詳しくないのですが、YAMAHAが開発した音声合成技術で、メロディーと歌詞を入力することで、サンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる、というもの。(Wikipediaより)
TOQさんが仰るには、
『人の声を人工的に奏でるための楽器』

そして、今やVOCALOID(ボカロ)の象徴であり、代表的なバーチャルアイドル・キャラクターが「初音ミク」
・・・という認識でいいのかなf^_^;
Tell Your World EP(初回限定盤)(DVD付)

Tell Your World EP(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2012/03/14
  • メディア: CD
先月、これに収録されている音楽配信先行曲で、Google ChromeのCMソングでもある、Tell Your World (feat. Hatsune Miku) - Single - livetune feat. 初音ミク"Tell Your World" (feat. Hatsune Miku) - livetune feat. 初音ミク が、iTunesのシングル総合チャートで1位をとったことも話題になりましたね[るんるん]

※このMusic Videoを鑑賞する際は、部屋を十分に明るくし画面から離れてご覧下さい。

初音ミクというヴァーチャル・ディーヴァ(歌姫)に歌ってもらうという形で、プロ&アマ含めた様々な「ボカロ楽曲動画投稿者」(ボカロP)が彼女に曲を提供しているわけです。
ボカロPが手がける楽曲はオリジナル曲、既存の楽曲のカヴァーなど多岐にわたります。
"Tell Your World"の場合、ボカロPはlivetuneさんなわけです。)
そして、ボカロのヴァーチャルシンガーは初音ミクのほかにも、「鏡音リン・レン」「巡音ルカ」などなど、こちらも様々な歌手がいます。

今回の小室哲哉 meets VOCALOIDは、小室さんの楽曲を様々なボカロPさんがアレンジし、初音ミク、鏡音リン・ラン、巡音ルカさんが歌うという、本家公認「コムロイド」[わーい(嬉しい顔)]
そして、ボカロPとして小室さんも参戦しています。
小室さんの楽曲は、「歌うの、苦しいのでは…」くらいキーが高い(高音域)曲が多く、どこでブレス(息継ぎ)するの?という曲もあったり。。。
そして、デジタルな「小室サウンド」ですから、高音域のヴォーカルが強いVOCALOIDとは相性がいい、と思う[揺れるハート]

ここでは、このアルバムの収録曲を簡単に紹介したいと思います。
何しろ、いわゆる「小室ファミリー」の絶頂期から15年以上経っていますので、原曲を知らない人も多いでしょうから(;´∀`)

これは素晴らしい王道アレンジ♪
ボカロどうこうと言うより、カヴァー曲として素晴らしい出来だと思います。
アレンジと言っても、オリジナルを大きく逸脱していない「直球リミックス」ですが、小室さんの曲のリミックスは(作曲者本人も含めて)「変化球リミックス」が多くて、お世辞にも出来がいいとは言えないものが多いので。

また、このアレンジはVOCALOIDで時々感じる違和感がほとんどないです。
ボカロでは苦手と言われている英語(ボカロ自体がそういう設定になっているようですが)も、自然な感じですし。
ボカロPのDios/シグナルPさんがニコ動にUPされている動画(といっても、静止画像ですが)を↓

原曲は華原朋美さん(朋ちゃん)の2ndシングル(1995年)。
"I'm proud"(3rdシングル)ではなく、これ[カラオケ]の選曲がいいですね(^.^)
この曲もヒットしたんですけど、その次の"I'm proud"が更にヒットしたので、"I BELIEVE"は霞がち・・・

この曲は典型的な「キーの高い曲」で、オリジナルではその歌声に「危うさ」が垣間見られるのですが^_^;
鏡音リンさん、上手いわ(・・||||r
音としては、ちゃんと低音域も効かせているので、音楽が軽くなっていないのがいいですね。
そして、なんといってもあの「バックコーラス」まで再現しているのは素晴らしい(笑´∀`)

原曲は篠原涼子さんが歌った1994年の曲。(アニメ映画ストリートファイターII【劇場版】の主題歌)
いや、違う(( ^。^)サ^^
「篠原涼子 with t.komuro」ですw
篠原涼子さんと言えば、今では女優さんですが、90年代は歌を歌っていたことなんて、知らない人も多いでしょう。
(そして、さらにその昔はダウンタウンらとバラエティーしてたなんて(ry )
小室さんのダブルミリオン(200万枚以上の[CD]セールス;90年代はそんな時代だったんですよシングル曲4つのうちの1つですが、この曲は最初、週間40位程度の売上だったのが、徐々にチャート上昇してきて、(そのためにPVを製作したとか、)そして、ついには1位となった曲です。
珍しく、全て日本語の歌詞。

今回のアレンジは…、方向性は悪くないけどイマイチかな。
いちばんイマイチなのは「転調」
小室さんの曲は、「ここで転調するかいヾ(゚Д゚ )ォィォィ」が特徴で、それが快感だったりするんだけど、このアレンジは転調の場所が変(´д`)

原曲は観月ありささんの4thシングル(1992年)。
小室ブームの前の曲ですが、いい曲ですよ。
ま、ひょっとすると小室さん自身が歌っている映像[映画]をどこかで見た方もいるのでは?
あれは、、、いろいろな意味で衝撃的な映像だったw
(その小室さんの歌は[CD]TK BEST SELECTION IN EPIC DAYSにも収録されています。)

今回のアレンジは、まあまあいいと思いますよ。
途中で挿入されるラップもなかなかだし(^_^)V

原曲は渡辺美里さんの代表曲(1986年)なので、知っている人も多いでしょう。
でも、これが小室さん作曲ということを知らない人もいるのでは?
まだ、TM NETWORKがブレイクする前に提供した楽曲です。

今回のアレンジは、普通(・ω・)

原曲はglobeの代表曲(1996年)で、小室さんのダブルミリオンシングルの1曲。
今回のアレンジは、サビのロック調な部分がいいかな。

原曲は1997年のglobeの2ndアルバム"FACES PLACES"から、先行シングルカットされたアルバム同名曲。
この曲は最初静かに始まって、徐々に盛り上がっていき、そして、
Best of my life!
とシャウトするのが、聴いていても心地よい隠れた名曲。
今回のアレンジは…「シャウト」ではありませんが(;´∀`)、アレンジ自体は悪くないですよ。

これはまた、マニアックな選曲を(; ・`д・´)
原曲は1998年のglobeの曲で、一応、第40回日本レコード大賞受賞曲ですが・・・、知らない人の方が多いでしょう(‥ゞ
だって、レコ大取った時、Yuseumでさえ、
「なんでやねんヾ(・∀・;)オイオイ」
と思いましたもん[爆弾]
(そもそも、その数ヶ月前の三流芸能雑誌に・・・、まあいいやw)

でも、ワナビーはYuseumの大好きな曲の一つですよ(^з^)-☆
今回のアレンジはまあまあだけど、サビに入る前の"wanna Be A Dreammaker"はもっと高音声で発して欲しかったな。

これも、その次の[CD]シングル"BOY MEETS GIRL"でも、レコ大受賞曲の"Overnight Sensation"でもなく、"survival dAnce"という選曲が素晴らしいですね(o´∀`o)
trf(現TRF)の1994年のシングルで、trfの、というより小室哲哉初のミリオンセラーを記録した作品。
サビが、

yeh yeh yeh yeh yeh

wow wow wow wow

yeh yeh yeh yeh yeh

wow wow wow wow

yeh yeh yeh yeh yeh

survival dAnce! survival dAnce!

trial dAnce!

という歌詞も、今にして思えば変わってるかもしれない( ´_ゝ`)
今回のアレンジのテクノな雰囲気も、悪くはないですね( ´−`)

原曲は1988年のTM NETWORKの曲で、宮沢りえさん主演の映画「ぼくらの七日間戦争」主題歌。
(翌年、宮沢りえさんも小室さんの楽曲を歌っています。)
オリジナルが男声なので、当然、今回のアレンジは印象が異なりますが、まずまずいいですよ[決定]

原曲は、1995年のH Jungle with t の1stシングルで、小室さんのダブルミリオンシングル曲の1つ。
"H Jungle with t"と言っても、今では知らない人が多いでしょうね(´・ω・`)
Hはダウンタウンの浜ちゃんのことです。tは…お分かりでしょう。
フジテレビのHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPがきっかけで、生まれた曲です[TV]
Jungleというのは、「ジャングル」という音楽ジャンルがあって、当時、小室さんがこれに凝っていたから、原曲にもジャングル的要素を取り入れています。
この曲で、紅白にも出たんですよ[イベント]

今回のアレンジは、なかなか面白く仕上がっています(^。^)
でも、"B・U・S・A・I・K・U"の後は・・・じゃないんですね。
…名誉毀損になるからか(笑)

で、これが小室さんのボカロP曲[るんるん]
原曲は朋ちゃん(華原朋美)の1997年の曲。
・・・いや、いい曲ですけれど、何でまたこの曲を選曲したのだろう(・_・)
歌詞に込めたメッセージか。。。
そのアレンジは、良くも悪くも今の小室さんならこうするだろうなぁ、というようなアレンジ。

以上、11曲。
これらのオリジナル曲を聴きたい方は、
THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-
THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-









に大部分の曲が収められています。
・・・ワナビーがないですね[たらーっ(汗)]
では、ワナビー[CD]15YEARS -BEST HIT SELECTION-とか、Wanna Be a Dreammaker - iTunes Originals - globeWanna Be a Dreammaker - iTunes Originalsとか、かな[音楽]
(Single ver.とAlbum ver.では、少し異なりますが。)


さて、小室さんの今後の予定はTM NETWORKですね♪
3/20(祝)にプリンセス&プリンセス、米米CLUBとともに、震災復興チャリティーイベント『ALL THAT LOVE - give & give -』スペシャルライブを行ったTM NETORK。

なお、少し話が逸れますが。
東日本大震災を受けた活動としては、イギリスの音楽プロデューサーであるニック・ウッド(Nick Wood)さんが、ジュリアン・レノンさんをボーカルにしたiTunes配信限定楽曲Hope (feat. Julian Lennon, Tetsuya Komuro, Beyond Tomorrow Students) - Single - Nick WoodHope (feat. Julian Lennon, Tetsuya Komuro, Beyond Tomorrow Students)に、小室さんがピアノ参加しています。
また、気仙沼の子供たちがコーラスとして参加しており、本楽曲の売上は全額、東日本大震災で被災した若者たちを支援する、一般財団法人 教育支援グローバル基金「BEYOND Tomorrow」に寄付される、とのこと。


そして、TM NETWORKは4/24,25に単独ライブ、
『TM NETWORK CONCERT -Incubation Peiod-』
を日本武道館で開催予定で、25日は新曲"I am"をリリースします[CD]
Yuseumも25日のライブに参戦予定(`・ω・´)シャキーン!

TMちゃんのライブは、東京ドームの「終了」コンサート[右斜め下]以来(5.18のみ。5.19は既にチケット[チケット]が完売だった(x_x))だから。。。
final live LAST GROOVE 5.18 [DVD]

final live LAST GROOVE 5.18 [DVD]

  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • メディア: DVD
実に18年ぶりのLIVE参戦です(σ・∀・)σYO♪♪

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 22

コメント 2

チヨロギ

いろんな曲、楽しませてもらいました~♪
I BELIEVE、わたしはI'm proudより好きだったなー。
懐かしくて最後まで聞いてしまったw
TMのLIVEに行くんですね!
完全燃焼してきてくださいませv(≧∇≦)v
by チヨロギ (2012-04-06 22:47) 

Yuseum

チヨロギさん、僕も"I BELIEVE"派です[はぁと]
久しぶりのライブ参戦、頑張ります(^^)!
by Yuseum (2012-04-16 23:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。