So-net無料ブログ作成

シャーロック、地上波初放送! [ホームズ&ライヴァルたち]

大変ご無沙汰しています^_^;
昨年末は入院したりして[病院] アレでしたが、ボチボチこのブログを更新してみようかと(._.) φ 

今日は、今日(1/15)の深夜よりいよいよ地上波(NHK)初放送[TV]
そこで、『シャーロック SHERLOCK』とホームズあれこれ。

SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]

SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray

 

日本で初放送されたのは2年前の夏でしたが、正直、あまり期待していませんでしたσ(^◇^;)
シャーロック・ホームズが21世紀で活躍する[exclamation]という設定がキワモノのように思われたこと。
そして、ここ10数年のホームズ物の映像作品には辟易していたので(後述)、NHK BSプレミアムでの初放送を録画はしたものの、そのまま放置[あせあせ(飛び散る汗)]

で、作夏にBSプレミアムで第2シリーズが放映されるにあたり、第1シリーズも再放送されたので、(好評の声も聞こえてきていたし)恐る恐る見てみたんです( ´ノω`)コッソリ[TV]

いやぁ、これはこの20年の間に映像化されたホームズ物の中では最高レベルの作品ではないですか[exclamation×2]
最初の作品、つまり1月16日(水)0時25分よりNHK総合で放送される第1回『ピンク色の研究 A Study in Pink
これはホームズ聖典(原作)をお読みの方はすぐ分かるように、ホームズがワトスンと出会った処女作『緋色の研究 A Study in Scarletから来ているわけですが、意外にこの『緋色の研究』はほとんど映像化されていないんですね。
で、見てみたら21世紀が舞台なのに、あまりにホームズしてたから思わず唸ってしまいました(≧◇≦)
19世紀でも21世紀でもアフガニスタンか(゚д゚)!から始まり、まぁシャーロッキアンと呼ばれる方々が見たら歓喜しそうなネタが方々に(*゜∀゜*)(笑) 
そして、ホームズ物を知らない方が見ても、主役のシャーロックとジョンが格好よく、物語がスピーディーに展開するから、退屈することなく普通に面白い!

ま、第1シリーズの中では第2回の『死を呼ぶ暗号 The Blind Bankerの出来がやや落ちるわけですが、これは西洋人が見たらオリエンタルな雰囲気が面白いんだろうなぁ〜ということにしてf^_^;
第3回の『大いなるゲーム The Great Game の出来も素晴らしい。
いずれもTVドラマというより、映画を鑑賞しているような感じ[カチンコ]
未見の方はとりあえず3話見てみてください。
そして、悶絶してください( ̄0 ̄)(笑)

第2シリーズ。

SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]

SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray
今回はまだ地上波では放送されないので端折りますが、第2シリーズはシャーロックの最大のライバルであるモリアーティが凄まじい!(゚ロ゚屮)屮
なお、第1、第2シリーズのガイドブックも出版されるようです。
シャーロック(BBCドラマ)・ケースブック

シャーロック(BBCドラマ)・ケースブック

  • 作者: ガイ・アダムス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/01/19
  • メディア: 単行本
待望の第3シリーズは、役者さんが皆お忙しいこともあり、早くて今年の秋から撮影スタートのようです。
それまで、これを読んでおさらいしておきますか。。。

さて、先に「ここ10数年のホームズ物の映像作品には辟易していた」 と書きました。
それは1984〜1994年にホームズ聖典を忠実に映像化した、ジェレミー・ブレット主演グラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』が素晴らしかったのも一因です。
NHKでも放送されていたし、最近でもスカパー!で放映されたりもするので、ご覧になった方は多いでしょう。
先日は、遂にブルーレイBOXが出ました♪
シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]

シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

いやぁ、画質の素晴らしいこと[揺れるハート]…はひとまず脇に置いておいて、グラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』の功績の1つに、
・それまで凡庸な人間として描かれることの多かった、ワトスンの地位向上
というのが挙げられると思うんです。
でも、それ以降に制作された映像作品の多くは、ワトスンの力が強くなりすぎて、
・ホームズは頭は切れるけれどエキセントリックな変人。それを寛容の心で見守る人間味溢れるワトスン。
という構図が出来上がってしまった気もします。
それは、ガイ・リッチー監督の映画[カチンコ] 『シャーロック・ホームズ 』  『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』にも当てはまるわけで。
(なお余談で、知っている人は当然知っていますが、これらの映画でワトスンを演じたジュード・ロウは、無名時代にそこそこ重要な役柄(だけど大したことない役)でグラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』に出演しています。)

そうじゃないんですね。
『シャーロック SHERLOCK』の素晴らしいところは、性格こそ違うけれどもベネディクト・カンバーバッチの演じる(筋肉質ではなくw)スタイリッシュな社会不適合者シャーロックと、 マーティン・フリーマン演じる世間一般的な性格のジョンが、対等な位置に立って友情を築き上げている点
ホームズとワトスンが対等、という点が、この10数年のホームズ映像作品に欠けていたと思うんです。

別冊映画秘宝シャーロック・ホームズ映像読本 (洋泉社MOOK)

別冊映画秘宝シャーロック・ホームズ映像読本 (洋泉社MOOK)

  • 作者: アンドリュー・T・スミス
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: ムック

 

そう思ってこの10数年、つまりグラナダ版以降〜『シャーロック SHERLOCK』以前のホームズ映像作品は…と上のムックを読んでみましたが、意外に(映像リストはあるけど)触れられていなかったので、簡単にここで触れておきます。

・カナダ版
シャーロック・ホームズ バスガヴィル家の犬 [DVD]

シャーロック・ホームズ バスガヴィル家の犬 [DVD]

  • 出版社/メーカー: クリエイティブアクザ
  • メディア: DVD
2000年にマット・フリューワーがホームズ、ケネス・ウェルシュがワトスンで制作されたTVムービー。
『バスカヴィル家の犬 The Hound of The Baskervilles(バスカ)はホームズの代表作なので、よく映像化されています。
先に挙げたムックにも触れられているけれど、グラナダ版のバスカは予算的な問題もあって「こじんまり」とした作品になってしまったこともあり、それと比較しても悪くはありません。
ただ・・・ワトスンの方が魅力的。ホームズは軽い(ーー;) 
原作ではステイプルトンという蛾の博物学者が登場するのですが、この作品は(撮影時期の問題なのか)なぜかキノコの博物学者だった気が…
このシリーズは、その後も『シャーロック・ホームズ 四つの署名』『シャーロック・ホームズ ボヘミアの醜聞』、そしてなんと『シャーロック・ホームズ vs ヴァンパイア』と制作され、いずれも思ったより悪くはないのですが・・・
・・・物足りない(´ε`;)ウーン…
 
・BBC版
BBCは上述のムックにも書かれていますが、グラナダ版の前にもホームズ作品の映像化に取り組んでいます。
そして、グラナダ版〜『シャーロック SHERLOCK』の間にも制作しています。
バスカヴィルの獣犬 [DVD]

バスカヴィルの獣犬 [DVD]

  • 出版社/メーカー: クロックワークス
  • メディア: DVD
2002年にリチャード・ロクスバーグがホームズ、イアン・ハートがワトスンで制作されました。
これはNHK BSでも放映されたので、見た方も多いのではないのでしょうか?
いきなりグロテスクな画面から始まりますが(;゚Д゚)、まあ悪くはないです。
ただ、これもイアン・ハートの方が格好いいんですな(ーー;)
最後にワトスンが美味しいところを全て持って行ってしまった感じで、ホームズ君の立場は(..;)
そういうこともあってか、2004年に『シャーロック・ホームズ:淑女殺人事件』というオリジナル作品が製作されたのですが。
イアン・ハートが引き続きワトスンなのですが、この時のホームズ役はロクスバーグではなくルパート・エヴェレット(゜゜;)
このホームズは・・・ AXNミステリーで放映されていたのを見たわけですが、これはNHKも放送せんしDVD[CD]にもならんわ、という作品。
<ヴィクトリア朝時代の光と影>とよく言われますが、影が強すぎて(;´Д`)
…ブレイク前のマイケル・ファスベンダーが出演しています。(知らなかったw)

最後に、上述のムックにも触れられてはいますが、グラナダ版の前に制作されたロシア(旧ソ連)版のシャーロック・ホームズについて。
シャーロック・ホームズとワトソン博士 [DVD]

シャーロック・ホームズとワトソン博士 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルトアーツ
  • メディア: DVD
先に「意外にこの『緋色の研究』はほとんど映像化されていない」 と書きましたけど、この作品はこれまたホームズ代表作の短編『まだらの紐』をプラスした形で『緋色の研究』を映像化しているんです。
ワシーリー・リヴァーノフ演じるホームズが少し…いや、かなりダミ声ですが(汗)、ロシアなのにヴィクトリア朝時代のロンドンを上手く再現しているんですね。
そして、ヴィターリー・ソローミン演じるワトスンも魅力的[ぴかぴか(新しい)] 
他、日本で発売されている作品には「シャーロック・ホームズとワトソン博士の冒険」「シャーロック・ホームズとワトソン博士の冒険 バスカヴィル家の犬」がありますが、Yuseumはまだ見ていない(^^ゞ
下のようなガイドブックもあります。
ロシア版ホームズ完全読解

ロシア版ホームズ完全読解

  • 作者: 西 周成
  • 出版社/メーカー: アルトアーツ
  • 発売日: 2012/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

CoRichブログランキング   

nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 22

コメント 8

ぴーすけ君

さっそく予約録画してみました。良い情報をありがとうございます。
by ぴーすけ君 (2013-01-15 20:09) 

コースケ

お久しぶりです!入院されたとの事、大丈夫でしょうか。

この「SHERLOCK」、NHKで初放送の時に
見たのですが、もう大興奮でした。
「ピンク色の研究」で傘を探しに行った・・・なんて
シャーロキアンの方が喜ぶネタも満載で
その上で出来も見事で、本当に楽しめました。
第3シリーズが本当に楽しみです。
by コースケ (2013-01-15 22:12) 

Mrブラックアウト

お久しぶりです!
早速録画予約しました。
これからも楽しい記事を期待しています。
by Mrブラックアウト (2013-01-15 23:03) 

aya_rui

Yuseumさん、お久しぶりです♪
Yuseumさんもお久しぶりのブログだったご様子ですが
私もひっそりこっそり、ブログに帰って来てました(^-^)ヾ
でも以前とは違って、更新も超スローペース&更新内容もちょっと違ってたので、お知らせもしないまま、すいません。
リラックマブログツールはなくなってしまって寂しいですが、相変わらずのリラ好きは健在です。
ブログでの紹介は全然出来て無いですけどねぇ(^ω^;)
Yuseumさんのブログ内容は、お変わりないようで、シャーロック・ホームズ作品も、期待以上で良かったですね♪
折角見る作品ですからね、いい意味で期待を裏切ってくれるのは嬉しいですよね☆
これからももっともっと魅力的な作品をいっぱい見ていって下さいね。
そしてお体十分に、ご留意なさってムリはなさらないで下さいね。
by aya_rui (2013-01-17 20:53) 

TOQ

お久しぶりです。ご訪問ありがとうございます。

年末チャンネル銀河でグラナダ版「・・冒険」
を一気見しました!あらめて映像が素晴らしい
こと、ストーリーが面白いことを実感しました♪
by TOQ (2013-01-18 00:18) 

Yuseum

>ぴーすけさん、遅くなりましたがコメントありがとうです[わはっ]
シャーロック、どうでしたか?

>コースケさん、ご無沙汰してますm(__)m
第3シリーズが楽しみですね[おんぷ]

>Mrブラックアウトさん、ごぶさたです( ^^)/
ぼちぼちマイペースでブログも(^^ゞ

>aya_ruiさん、お久しぶりです[にこっ]
自分も着々とリラ・グッズ集めてますけど(10周年だし!)、なかなかそこまで手が回らず[あせっ]

>TOQさん、コメントありがとうございます。
グラナダ版は永遠の名作ですね[はぁと]
by Yuseum (2013-02-11 21:12) 

壺柑弐号

こんばんは、壺柑弐号です。
『シャーロック SHERLOCK』の記事を見つけたので、思わずコメントを残してしまいました。

まだ1話目しか観てませんが、この20年間に映像化されたホームズ物の中で最高レベルという言葉に激しく同意です。ホームズファンにもそうでない人にも是非観てもらいたいドラマでした。
ミステリに興味のない友人に、興奮しながらオススメしたくらいです(若干ひかれましたが[あせっ]

あぁ、早く続きを観なければ[らぶっ]
by 壺柑弐号 (2013-02-13 22:29) 

Yuseum

壺柑弐号さん、遅ればせながらコメントありがとうございます[わはっ]
自分も知人に興奮しながらお奨めしてます(笑´∀`)
by Yuseum (2013-03-12 08:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。