So-net無料ブログ作成
エラリー・クイーン ブログトップ
前の5件 | 次の5件

EQ+Y=? [エラリー・クイーン]

たまにはtwitterばかりでなく、ブログを書こうヾ(^^ )

現在、飯城勇三氏の「エラリー・クイーン論」をパラパラと読んでいます[本]
エラリー・クイーン論

エラリー・クイーン論

  • 作者: 飯城 勇三
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 単行本
これはエラリー・クイーンについての評論集なわけで、まだ全部読んだわけではないのですが、まず面白いな、と思ったところを。
一口に本格推理小説と言っても、<意外な推理>を楽しむものと<意外な真相>を楽しむものに大別され、たいていの作品は<意外な真相>を追究しているのに比べて、クイーンの諸作は<意外な推理>Surprise Deductionを追究している点において、他とは異彩を放っていること。
また、「犯人の物語」と「探偵の物語」についての論考も面白いです。
<意外な推理>を描こうとする際、「犯人の物語」は<推理>に興じる妨げにもなりかねないので、それに対してクイーンがどのように工夫しているのかが論じられています。

<意外な推理>を追究する中で、「犯人の物語」を描く必要が出てきたのが「ドルリー・レーン四部作」。
先日、新訳出版された『Yの悲劇』もその1つ。
Yの悲劇 (角川文庫 ク 19-2)

Yの悲劇 (角川文庫 ク 19-2)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/09/25
  • メディア: 文庫
翻訳は『ダ・ヴィンチ・コード』訳者として有名で、古典ミステリの翻訳(『検死審問―インクエスト』など)でも定評のある越前敏弥さん。
ということで、Yuseum。
只今、3回目の『Y』を読んでいます(^^)

この作品、「意外な犯人」でも有名ですけれど、この作品の魅力はそこだけにあるわけではないのは先に触れたとおり。
(だから、「こんな犯人、意外でもなんでもない。」と言うのはナンセンス。)
まだ未読の方は、この歴史的な名作を是非読んでみましょう(^o^)


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

クリスマスと人形 [エラリー・クイーン]

最近、すっかり文庫では「クラシック・ミステリ」の新刊を出してくれなくなった早川書房さんですが(-Φ-)
メールマガジン「ハヤカワ・オンライン・ニュース」で連載中の世界ミステリ短篇講座が面白いです(._.)φ
毎回、新旧のミステリ短編を1本推薦紹介しているのですが、vol.087(2009.11.30)に掲載の第12講、
「クリスマスにはクリステ・・・じゃないか」
で紹介されたのが、『クリスマスと人形』The Dauphin's Doll

この作品が収録されている短編集は、エラリー・クイーンの「犯罪カレンダー <7月~12月>」 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(まあ、ハヤカワは「エラリイ」なんですけど(^◇^;))
本作では、「ルパンの伝統をひいた」神出鬼没の怪盗コーマスが、ニューヨークのデパートに展示予定の「フランス皇太子人形 The Dauphin's Doll」を盗むことを予告するわけですが、この「フランス皇太子人形」に49カラットのダイヤが嵌めこまれていると聞いて、エラリイが、
「というと、≪ホープ・ダイヤ≫だとか、≪南アフリカの星≫より大きいのか!」
と興奮するシーンがあるのです。

で、先に紹介したメルマガでは、このエラリイの発言の後半は「間違い」であることを、ユーモラスに指摘しています。
以下、ちょっと長いですが抜粋してみましょう。

なお、下の図はWikipediaより「ホープ・ダイヤ」

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

盤面の敵 [エラリー・クイーン]

毎日暑いですね(;^ω^)
しばらく更新していないこのブログも、少しイメチェン[NEW]

さて。
先週、Yuseumは少しばかり実家に帰省していたのですが、上の妹あろまに北村薫さんの 『ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件』 を薦めたら面白かったみたいで、エラリー・クイーンにも興味を持ったようd(^-^)
そこで、実家の本棚にクイーンの本がないか探してみると、この前プレゼントした 『オランダ』 『エジプト』 (の旧版w)の他に、↓の本[本]もあったので、それらをあろまに薦めておいたのですが。。。

盤面の敵 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-7)

盤面の敵 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-7)

  • 作者: エラリイ・クイーン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1977/11
  • メディア: 文庫

はて?
中期の代表作をすっ飛ばして、こんなクイーン最後期の作品を国名シリーズと一緒に薦めたら、混乱するんじゃないかしら(@_@;)
(一応、 「エラリー・クイーン パーフェクトガイド (ぶんか社文庫)」 には「読んでほしい順」の上の方にあったが。。。)
そもそも、どんな作品だったっけ[爆弾]
かなり[ぴかぴか(新しい)]「神秘的」[ぴかぴか(新しい)]なイメージが残っているんだけど・・・。

ということで、自宅[家]に帰ったYuseumは自分の本棚から 『盤面の敵』 を取り出し、再読してみることにφ(゚Д゚ )

四つの奇怪な城と庭園から成るヨーク館で発生した残虐な殺人—
富豪の莫大な遺産の相続権を持つ甥のロバートが、花崗岩のブロックで殺害された。殺人の方法も奇抜ではあるが、以前からヨーク館には犯人からとおぼしき奇妙なカードが送られてきたのだ!
果たして犯人の真の目的は?
父親から事件の詳細を聞くや、俄然気負いたったエラリーだったが。。。

続きを読む


nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

オランダ靴の謎【新版】 [エラリー・クイーン]

お久しぶりです(^_^)/
5月は7冊の本を読んだYuseumですが[本]
最近、あんまり本が読めてないですね〜f(^ー^;

今回ご紹介する本は以前読んではいるのですが、【新版】が出たので。
(再読はまだなのですが。。。)

オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)

オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)

  • 作者: エラリー・クイーン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/06/25
  • メディア: 文庫

単純に文字が大きくなって、解説が法月綸太郎さんになって、(値段がチョイ高くなって(゚ペ;))・・・だと思われがちな【新版】ですが、これも先の『エジプト十字架の謎』のように、訳文に手が加えられていたりします。

例えば、冒頭の部分。

 リチャード・クイーン警視のalter ego(半面)は、いつもの敏捷で、実際的な、甲羅を経たやり口とは驚くべき対照を示していて、しばしば、犯罪学の一般的な問題について、おそろしく教訓的な見解をはかせていた。

これが旧版ですが、なんだか意味が分かりにくい部分もありませんか?(¨;)
例えば、「甲羅を経たやり口」って???

これが新版だと、下のようになっています。

 リチャード・クイーン警視のalter ego(別の面)は、いつもの敏捷かつ実際的で古くさいやり口とは驚くほど対照的に、犯罪学の一般的な問題について、教訓的な見解をしばしば語らしめていた。

なるほど! 「古くさいやり口」ですか!
勉強になります\(〇O〇)/

ちなみに、訳者が変わったわけではなく(どちらも井上勇氏)、井上さんは既に故人なので、おそらく編集部が遺族の了承をとって、やや「甲羅を経た」表現を改訂したのかな?

続きを読む


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

死せる案山子の冒険 [エラリー・クイーン]

エラリー・クイーンのラジオドラマ集第2弾が遂に出ました[exclamation×2]

死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉 (論創海外ミステリ)

  • 作者: エラリー クイーン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本

Yuseum、こちらも一気に読みました[本]
収録作品は以下の通り。
なお、第1弾はこちらをご参照。

  • <生き残り(ラストマン)クラブ>の冒険 The Adventure of the Last Man Club
  • 死を招くマーチの冒険 The Adventure of the March of Death
  • ダイヤを二倍にする男の冒険 The Adventure of the Man Who Could Double the Size of Diamonds
  • 黒衣の女の冒険 The Adventure of the Woman in Black
  • 忘れられた男たちの冒険 The Adventure of the Forgotten Men
  • 死せる案山子の冒険 The Adventure of the Dying Scarecrow
  • 姿を消した少女の冒険 The Adventure of the Lost Child
「聴取者への挑戦」、Yuseumの戦績は2勝5敗・・・(;´Д`)
でも、このシナリオ集は単なる「犯人当てパズル」として楽しめるばかりでなく、「エラリー・クイーンの世界」を十分に満喫できるものです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | 次の5件 エラリー・クイーン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。