So-net無料ブログ作成
ホームズ&ライヴァルたち ブログトップ
前の5件 | 次の5件

シャーロック・ホームズの栄冠 [ホームズ&ライヴァルたち]

最近、少し気分が塞ぎがちのYuseum(´ε`;)ウーン…
こういう時は、少し楽しげな本[本]を読もう、と思って、取り出したのがこれ↓
シャーロック・ホームズの栄冠 (論創海外ミステリ)

シャーロック・ホームズの栄冠 (論創海外ミステリ)

  • 作者: A.A.ミルン
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本
これ、パロディ&パスティーシュ集なんですね。
ホームズを題材にして、海外の様々な方々が様々な「模倣作」(パスティーシュ)やパロディを書いています。
そういう短編を集めた作品集には、エラリー・クイーンが編纂した「シャーロック・ホームズの災難」(残念ながら、上下巻とも絶版中(×_×))というのがありますが、こちらはシャーロッキアンとして著名な北原尚彦さんが編纂しています。

第I部 王道篇
『一等車の秘密』The Adventure of the First-Class Carriage(ロナルド・A・ノックス)
作者のノックスは『陸橋殺人事件』で有名ですが、、、Yuseum、『陸橋〜』はあまり面白いと思わなかったので(;´∀`)
で、本作は確かに王道スタイルですが、なんかイマイチ面白みがないというか(ーー;)
陸橋殺人事件 (創元推理文庫 (172‐1))

陸橋殺人事件 (創元推理文庫 (172‐1))

  • 作者: ロナルド・A・ノックス
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1982/10/29
  • メディア: 文庫
『ワトスン博士の友人』Dr. Watson's Friend(E・C・ベントリー)
『トレント最後の事件』の作者です。
(確か、『〜最後の事件』が最初の作品だったかな?)
王道篇に入ってはいますが、本作は軽い読み物でした。
トレント最後の事件 (創元推理文庫)

トレント最後の事件 (創元推理文庫)

  • 作者: E.C.ベントリー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1993/01
  • メディア: 文庫
『おばけオオカミ事件』The Adventure of the Bogle-Wolf(アントニー・バウチャー)
作者はどちらかと言えば、ミステリー評論家として有名。
でも、こんな↓作品も書いています。
本作は、ある童話を推理したところ、・・・となり、ホームズの普段の口癖がここでも実証されていますw
タイムマシンの殺人 (ダーク・ファンタジー・コレクション)

タイムマシンの殺人 (ダーク・ファンタジー・コレクション)

  • 作者: アントニー バウチャー
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本
『ボー・ピープのヒツジ失踪事件』The Tale of "Little Bo-Peep" as Conan Doyle Would Have Written It(アントニー・バークリー)
バークリーはこのブログで何回も紹介しているので、著作紹介は割愛(^_-)
これは、マザーグースの『ボー・ピープ』を知らないと、最後の切れ味はなかなか伝わらないですね。
もちろん、注釈はありますが、もともとこれを知っていれば、にやりとする作品。

『シャーロックの強奪』The Rape of Sherlock: Being the Only True Version of Holmes's Adventures(A・A・ミルン)
ミルンは「くまのプーさん」の作者として知られていますが、下↓のような微笑ましいミステリも書いています。
本作はショートショート程度の長さですが、、、よく分からんσ(^◇^;)
赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))

赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))

  • 作者: A.A.ミルン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1959/05
  • メディア: 文庫
『真説シャーロック・ホームズの生還』The Return of Sherlock Holmes(ロード・ワトスン(E・F・ベンスン&ユースタス・H・マイルズ)
作者はあまり知りませんが、E・F・ベンスンは怪奇小説作家として有名。
本作はワトスン卿(ロード・ワトスン)が記載した、という形をとっています。
シャーロック・ホームズがライヘンバッハの滝で行方不明になり、その後復活したのは有名な話ですが、本作はその復活直前(つまり、まだ世間ではホームズが死んだ、と思われていた頃)に書かれたもののようです。

『第二の収穫』The Adventure of the Second Swag(ロバート・バー)
作者は、ウジェーヌ・ヴァルモンというフランス人探偵を生み出したロバート・バー。
最近、以下の短編集が出ましたね\(^O^)/
本作は、、、いやぁ後味がブラックですね〜(O_O)
ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利

ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利

  • 作者: ロバート・バー
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2010/10/26
  • メディア: 単行本

続きを読む


ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利 [ホームズ&ライヴァルたち]

ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利

ウジェーヌ・ヴァルモンの勝利

  • 作者: ロバート・バー
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2010/10/26
  • メディア: 単行本

「我輩の名前はヴァルモン、といっても読者諸君はご存じないだろう。」
作者のロバート・バーはコナン・ドイルの友人でもあり、ホームズものパロディでも知られています。
クイーンの定員にも選ばれている短編集、The Triumphs of Eugene Valmontが完訳されました\(^O^)/

この中で有名な短編は、一般に「放心家組合」/「健忘者連盟」というタイトルで知られている、『うっかり屋協同組合』
まとまった短編集がこれまで出ていなかったので、Yuseumもこれくらいしか読んだことがありませんσ(^◇^;)
その内容も忘れてしまったので、これから読んでいくのが楽しみです(^^)


「シャーロック・ホームズの冒険」x2 [ホームズ&ライヴァルたち]

数ヶ月前、
「なんで2月に立て続けに出るんだろう〜(?_?)」
と思っていたら、映画に合わせてなんですねぇφ(゚Д゚ )フムフム…
・・・ま、別にいいけどw

創元推理文庫からは、著名翻訳家である深町眞理子さんによる「新訳」ホームズが出ます。
シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)

  • 作者: アーサー・コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2010/02/20
  • メディア: 文庫
で、角川文庫からも「新訳」ホームズが出るわけです。
シャーロック・ホームズの冒険

シャーロック・ホームズの冒険

  • 作者: コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 文庫
未読の方も、何度も読んだことがある方も、この2つの「新訳」を味わってみると面白いかも。
・・・以上、ネタがこれ以上浮かばなかったYuseumでした(^◇^;)

ロシア版シャーロック・ホームズ [ホームズ&ライヴァルたち]

チヨロギさんに教えてもらった、ブログランキング&成分解析のblogram
これでこのブログを解析してみると、なんと\(◎o◎)/!
rank.png
(全22ブログ中のようですけれど)「シャーロック・ホームズ」カテゴリで1位ヽ(^。^)丿
・・・まあ、これを見てアクセスしてきた方が
「騙された(ー_ーメ)」

と思わないように、今日はホームズの記事を^_^;

ロシア・・・というより、旧ソ連で制作された以下の作品を買っちゃいました[CD]
シャーロック・ホームズとワトソン博士 [DVD]

シャーロック・ホームズとワトソン博士 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルトアーツ
  • メディア: DVD
1979年制作のこの作品。
登場人物はもちろん皆ロシア語を話しますが、舞台もロシアかというとそうではなく、19世紀末のイギリスの話として原作に忠実に描かれています。
絶版本の 「NHKテレビ版 シャーロック・ホームズの冒険」 (復刊してくれい(つд⊂))によれば、ロシアのテレビでホームズが大成功を収めているというニュースをイギリスやアメリカの人々が知ったのは、1983年のこと。
「ソビエト国民は愛するシャーロック・ホームズと別れられない」
の見出しが1983年2月10日のソビエト一流紙“イスベスチヤ”に掲載され、国民の要望により既に成功を収めた3作品に続き、2本のテレビ映画が新たに制作されると報じられたようです。

で、上に挙げたDVDはその記念すべき第一作。
YouTubeにトレイラー映像があったので、ちょっと覗いてみましょう。

続きを読む


シャーロック・ホームズの研究 [ホームズ&ライヴァルたち]

こんな本が出たようです。
ホームズまるわかり事典―「緋色の研究」から「ショスコム荘」まで

ホームズまるわかり事典―「緋色の研究」から「ショスコム荘」まで

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 単行本

 
Yuseumはまだ入手していませんが、目次を見る限り、いろいろな「ホームズ研究」をまとめた本のようですね。
今月末に手に入れようっと[本]


この本がちょっと難しいなぁ、と思った場合は、「ホームズ学」の入門書として以下の本はいかがでしょうか?
(お手頃値段ですし(^_^)V)

シャーロック・ホームズの謎を解く (宝島SUGOI文庫)

シャーロック・ホームズの謎を解く (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 小林 司
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/06/05
  • メディア: 文庫
この本は最近出版されたものですが、もともとは1994年に飛鳥新社より刊行された 「シャーロッキアンは眠れない―ホームズ物語に隠された63の謎」 という本を文庫化したものです。(左の本)
holmes.jpg
ところで、「飛鳥新社」と聞いて、何かを思い出しませんか?

続きを読む


前の5件 | 次の5件 ホームズ&ライヴァルたち ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。