So-net無料ブログ作成

毒入りチョコレート事件【新版】(2012 St.V.D.ver.) [アントニイ・バークリー]



・・・ということで、本日は[黒ハート]
毒入りチョコレート事件(`・ω・´)[失恋][爆弾]

いや、先週の「名探偵ポワロ」『オリエント急行の殺人』日本語吹替版視聴[TV]の感想がまだですが[あせあせ(飛び散る汗)]
実は、「名探偵ポワロ」短編&長編全65作品を見返しているところでして(0ー0
(もちろん、全部を見るには時間がかかりすぎるので、ラストのポワロの謎解きを中心に[CD]

ポワロ作品にも「毒入りチョコレート」出てきますね(!_+)
そして、ポワロがベルギー警察時代の「失敗」を語った短編『チョコレートの箱』(名探偵ポワロ DVD-SET6)「ポアロ登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)所収)。

さて。
ミステリにおいて最も有名な「毒入りチョコレート」は、アントニイ・バークリーの表題作でしょう[exclamation×2]
ということで、今日はバレンタインデー[揺れるハート]ですので…(|||゚Д゚)!!!!!!
以下[右斜め下]2009年11月15日に書いたブログ記事を再アップ[ハートたち(複数ハート)]

先日の記事「ジャンピング・ジェニイ」でご案内したとおり、今日のお題はこれ↓

毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫)

毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫)

  • 作者: アントニイ・バークリー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/11/10
  • メディア: 文庫

「毒入り」とも略されることもありますが、Yuseumは「毒チョコ」と略すのが好き( ̄ー ̄)ニヤリ
今回、新版で刊行されたので、エラリー・クイーンの諸作のように、

  • 文字が大きくなった。
  • 差別的な表現の改訂。

以外に何か変わっているかなぁ、と期待したのですが、、、特に大きな改訂はないようですね( ^.^)( -.-)( _ _)
ロジャー・シェリンガムの盟友「モレスビー首席警部」の名字は、最近のシェリンガム譚の翻訳傾向に従って、英語の発音に近い「モーズビー首席警部」にしてほしかったのですが。
"Moresby"という綴りだから、確かにローマ字読みをすれば「モレスビー」ですけれども。
まあ、「ポートモレスビー」の例もあるから、仕方がない(・・)(。。)

Yuseumは約10年前にこの作品を一度読んでいるのですが、そのときは「ロジャー・シェリンガムシリーズの一編」として読んでいなかったので、今回再読した時は彼に注目して読んでみました。

いやぁ、やはり面白かった\(^^@)/

結末は衝撃的なので覚えていましたが、細かい部分は忘れていたので、非常に楽しめました。
この作品は、「毒入りチョコレート事件」という殺人事件に対して、ロジャー・シェリンガムを会長とする「犯罪研究会」の面々が各者各様の推理を披露する、という形式をとっているのですが、これが単に「遠い世界で起こった事件」を推理して楽しんでいるのではなく、「身近で起こった事件」、つまり、犯罪研究会の面々も事件の被害者やそれを取り巻く人たちのことを大なり小なり知っている、というところがミソ。

それにしても、ロジャー(T^T)(笑)
この作品でも、ロジャー・シェリンガムは期待を裏切らない大活躍(?)をしてくれますw

でも、この作品はそこだけが読みどころではなく、(ロジャーの存在感がだんだんなくなるw)ラストが、やっぱりすごいです。
結末を知っていたYuseumも、最後の方では手が汗ばんでくるほどドキドキしましたから[exclamation]
やはり、この作品はバークリーの傑作の一つですね。未読の方は是非[本]


ところで、犯罪研究会のメンバーの一人、アンブローズ・チタウィック氏
バークリーは彼のことが気に入ったのか、その後彼を主人公にした作品を2つ書いています。
いずれも創元推理文庫なのですが、、、いずれも現在品切れ状態Σ(゚д゚lll)ガーン
いずれの作品にもモーズビー(モレスビー)首席警部が登場することは、忘れていました(^◇^;)

ピカデリーの殺人 (創元推理文庫 (123‐3))

ピカデリーの殺人 (創元推理文庫 (123‐3))

  • 作者: アントニイ・バークリー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1984/01
  • メディア: 文庫
全体的にのんびりした雰囲気ですが、最後に急転直下ぁっ! という印象が残っています。
6年前に復刊したのですが、また品切れ中なのか(+o+)
内容もかなり忘れているから、再読してみようかな♪

試行錯誤 (創元推理文庫)

試行錯誤 (創元推理文庫)

  • 作者: アントニイ・バークリー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1994/06
  • メディア: 文庫
旧題『トライアル&エラー』。
これは傑作[exclamation×2] これが品切れだなんて、信じられない(つд⊂)エーン
まあ、中盤ややだれるところがありますが、それを除けば素晴らしい(^^)//””” (Yuseumの感想)
古本でもお値段やや高いですが、未読の方は是非!

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
ブログ王ランキング トプログ
★imodeBEST100★ ★EZwebBEST100★ ★SoftBankBEST100★
CoRichブログランキング  


nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 22

コメント 5

ぷーちゃん

ハラハラドキドキ、何やら凄く
おもしろそう。また、いろいろ紹介
して下さいね〜。(^。^)
by ぷーちゃん (2009-11-15 19:06) 

チヨロギ

うわー、おもしろそう!
Yuseumさんのオススメはいつもおもしろいので、
さっそくAmazonのカートに入れました。
先日の「ジャンピング・ジェニイ」も一緒に注文しちゃおう♪
by チヨロギ (2009-11-16 23:36) 

Yuseum

>ぷーちゃんさん、面白いですよ〜(^ニ^)
また紹介しますね♪

>チヨロギさん、両方とも気に入ってもらえるといいなぁ。
是非、読んでみてください!
by Yuseum (2009-11-19 19:35) 

むらひで

今日だから、チョコ ですね。
センスいいですね。この時代のミステリーは、ほとんど毒殺でしたね。ストリキネーネでしたっけ?
by むらひで (2012-02-14 20:59) 

Yuseum

むらひでさん、コメントありがとうございます[わはっ]
この時代の毒殺でも、いろいろな毒を使われますね。
特に、クリスティーは薬学の知識もありましたし。

本作で使われている毒は、ニトロベンゼンです[どくろ]
by Yuseum (2012-02-29 19:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。